ホーム学校情報校長室より > 2017年9月7日

2017.9.7

校長室より 第90号

今、悩みごとや困っていることがありますか。

あるとすればそれは、勉強のこと、進路のこと、友人関係のこと…。そして悩みの中身も軽いものから深刻なものまで、いろいろでしょうか。でも考えてみると、この世に悩みや問題ごとのない人はほとんどいません。生きている限り、何らかの心配なことや不安なことがあり、時には試練ともいえることに遭遇したりします。

となると、問題はそれらにどのように向き合うかです。

現実的には、さまざまな対応が見られます。独力で解決のために頑張る、誰かに相談して助けを求める、なるように自然に任せる、絶望の殻に閉じこもる、などなど。あなたはどうでしょうか。どのような対応を取るかは、その人の性格や経験、その時の状況などによって変わってくると思います。しかし、絶対に選んで欲しくない選択肢は、諦めや絶望の先にある悲しい結果です。

では、最悪の事態を避けるためには何をすべきでしょうか。

とにかく、人に相談したり話を聴いてもらうこと。プライドや恥ずかしさは捨てましょう。人はひとりで生きてはいません。あなたの周りには家族、友人、クラス担任や先生方、スクールカウンセラーなど多くの人がいます。そのような人々に悩みや不安を聴いてもらう中で、解決の糸口やヒントが見つかることはよくあります。あなたにはない智惠や知識、経験が大いに参考になるからです。

もし今、悩みの迷路から抜け出せず苦しんでいるのであれば、ためらわず周りの人に 悩みを聴いてもらったり、相談してみてください。


« 新しい記事へ | 校長室より一覧 | 過去の記事へ »

ページ先頭へ